台詞について♪

皆様、こんばんは。
管理人の一人、さつきです。

先日は月食がございまして、残念ながらわたしは全く見えなかったのですが、きれいなお月様の姿、
皆様ご覧になれたでしょうか?

さてさて、前回台詞の鍛錬をいたしまして、
せっかくなので今回は、ちょいと台詞について語り合おう、という雑談コーナーにしたいと思います。

皆様どうぞ、ごゆるりと参加していってくださいませ♪
※どの鍛錬も受付継続しておりますので、どこからでも飛び入り参加歓迎してます^^
(いつものごとく宣伝w)

ではでは……
小説の中での台詞って、とても大切。
挨拶ひとつとってもそのキャラクターにとよって違いますよね。
「おはよー」、「ちーす」、相手によっては何も言わないかもしれないし。
挨拶ならまだいいですけど、ここはちょっと見せ場だぞ、というような場面では、
台詞もインパクトを持たせたいし、キャラクターによってはちょっと凝った感じにしたい、とも思いますよね。

そこで、皆さんは今までに「お、これはいいな!」と思った台詞に出会ったことはありますか?
小説でも、演劇でも、ドラマでも構いません。
この表現いいな、と思ったものを、ぜひコメント欄に残していってください♪


ちなみにわたしは、
先日イギリスのドラマ「刑事フォイル」というものを観ていたとき、主人公の刑事フォイルが、
「ちょっと○○に行ってくる」
と、一人で署を出ようとして、少し不思議に思ったのか部下が「理由を聞いても?」と尋ねると、
「聞くのは自由だ」と答えて出て行かれまして。
私、一瞬間をおいて、あ、聞くのは自由、その代わり答える答えないも自由だけれどね(自分は答えないよ)
という意味だったか、と遅れて気づきまして(^^;

この場面、ちょっと内々な依頼のために人に会いに行くシーンの前だったのですが、「理由は言えないよ」と言うよりもずっといいと思いまして。
フォイルさんは凄腕刑事で、みんなからも信頼が厚く、厳しいけど人情があり、紳士で頭もよく、切り返しが上手いキャラクターだったので、さすがフォイルさんだなあと関心してしまいました。
(かなり好きなドラマだったんだけれど、こないだ最終回を迎えました泣)

皆様も、良い台詞との出会いがございましたら、ぜひ、コメント残していってください♪
お待ちしております^^
スポンサーサイト

こわい話

キツネ煎餅

年の瀬ですね。
みなさんは無事に仕事納めできそうでしょうか。

こばちは本日無事に仕事納めとなりました。ばんざい!
忙しい一年だった。スイッチの壊れたランニングマシーンに乗っているような年でした。でも、やり終えた。^^
来る年もまた、稔り多き一年でありますように。

さて。表題にあるように、こわい話です。
少し前に、ある人から『編集者さんの話を書いた本が出ているよ』と教えられ、手に取った本があります。
幻冬舎から出版されている七山七里さんの作家刑事毒島がそれです。
http://www.gentosha.jp/category/keijibusujima
小説家志望者・新人作家、閲覧禁止と、帯にある。内容はミステリーなんですけどね。

読んでみると、エンタメの振りをして業界の裏側を書いた本でした。
普通の人はともかく、(我らのような)帯そのままの立場の人が読むと、血も凍るような内容が書かれています。
知りたいけど誰にも聞けなかったこと。新人賞の裏側とか、新刊本を出すときの攻防戦とか^^
そういう意味で、ものすごーく興味深い内容となっています。こわいけどね。

作中にもデビューを目指して奮戦している作家志望者も出て来ます。そして、すべてを知ってもなお挑む気があれば……と、おそらくは先輩からのエールのようなもの(?)も感じ取ることができます。
受賞と落選の狭間にあるものも、感じ取ることができるでしょう。エンタメだけどあまりにリアル。勇気のある方はぜひ。

来年はどの賞に向けて書きますか? 
それとも、どんな挑戦をするでしょうか?

私はとにかく一度立ち止まってみようと考えています。新年6日までの期間限定で 笑
そして自分に問いかけてみようと思います。
どうしたいのか、何を書けるのか、それができるのか、どうすればいいのかを。
どちらさまも、よい新年をお迎えください。

作家は個人事業主?(とある記事に垣間見る背水の陣)

くま

つい最近のことですが、友人がとある記事のURLを送ってくれました。
https://togetter.com/li/957916
これです。小説家が職業を聞かれて「文筆業です」と答えたら、こうなった というお話。^^;

小説家を目指して小説を書いている人たちの多くが、作家になるという夢を声高に語ることはないのじゃないかな?
かくいうこばちもその一人。
家族にも職場の仲間にも知人にも、ある時までは隠していました。
なぜなら、荒唐無稽な夢を語るイタイヤツと思われるのがイヤだったから。
もう一つの理由は、本当に作家になれると思っていなかったから。
(自分を信じていなかった。語った夢に対する責任の負い方を模索するのがイヤだったから)
夢を語らず秘匿していれば嗤われることもないし、結果に傷ついても傷口を抉られることもない。
つまりはそんな理由から、エクスキューズを蓑のように纏っていました。

では、どうして作家になることを荒唐無稽な夢と思ったのでしょう。
それは、作家もまた仕事であるということを、深く考えなかったからでした。

どんな作家さんも、好きなものを好きなように書くことはできないと聞きます。
商売であれば当然ですよね。好きなものを好きなように書けるのは公募作だけかもしれません。
クリエイティブな仕事にも制約はあり、制約のなかで如何に自分の力を発揮していくかには、駆け引きと辛抱強さと努力が求められる。作家も同じなんですね。^^出版不況が叫ばれる昨今、作家は、さらなる熱意と努力が必要な商売になっているのかもしれません。
が、公募作(デビュー作)が『好きなもの』だった場合はどうでしょう。
当然ながらその路線を次も求められるんじゃないのかな?
だからこそ、本当に好きなもの。本当に書きたいもの。自分がいいと思うものを見つけることが大切ですね。

あなたにはそれがありますか? 何を狙って書いていますか? 受賞後のことを考えて書いているでしょうか。
次回は受賞と落選の狭間について、主観によった記事にしますね。





ああ辛い!

水滴


年の瀬の足音がひしひしと、しかも強力に近づいてくる!
クリスマスも近いけれど、みなさんは如何ですか。
仕事納めの目処がついてきたでしょうか。
そして来年の執筆に、新たな意欲を燃やしているでしょうか。

こばちはまだまだ戦っていて、あまりに辛くてちょっと息抜き。^^
書くことって、手探りで藪の中を進むようなものですね。着地を決め、枚数を決め、プロットを立てて書き始めるのに、了を打つまではそれが成功するかどうかわからない。
期日までに書き上げられるのか。内容はどうか。枚数は規定を満たしているだろうか。
くるしい……くるしいけど、休んでいる時間はない。かといって、むやみに書いた文章は、たいていが、ろくでもないものだったりもする。
だからせめて、もがききる体力を補充しておかなきゃならない。

最近のこばちのお気に入りは、マルチエネルギーアミノバイタル(リンゴ味)
何箱か買って冷蔵庫に常備。一日一本を目安にチャージして書き続けています。
結構瞬発力が出るんだよね。これ、ほんと
がんばるぞ!

その先にあるもの

地平線

ごぶさたしております。管理人のひとり、こばちです。
推敲中ブログを閉じて1年半。作家志望者のみなさんはどんな成果をあげましたか?

初めて作品に了を打った。
初めて公募に出してみた。
一次選考を通過した。(もしくはその上を)
再び書き始めた。

それとも少し後退し、
倦み疲れて書けなくなった。
自分の能力に疑問が湧いた。
もう、書くのが厭になっちゃった。

どれもこれも、こばちには経験のあることばかり。
書き続け、様々に学び、ある日ふと、書くことに悩みが生じる。今までは書くことが楽しくて仕方がなかったのに、どう書けばいいのかわからなくなる。悩んでもがいて出口も見えず、それでもある日気が付くと、いつの間にかそこを脱している。目の前にあるのは新しい道で、終着点はさらさら見えない。^^;;

受賞者の話です。
胸ドキで望んだ受賞の席で、壇上のある人がこう言いました。『新人作家のみなさん、地獄の作家生活へようこそ』
会場の作家たちから拍手がわきます。彼らはその言葉が本当であることを知っているのです。
見上げる想いで挑んだ受賞。でも、それはただの始まりでした。本当の勝負はそこからだったのです。

えええー!!! つか、マジか!^^:
てゆーか、先ずは受賞でしょうが。そこが始まりにしてもだね、その前段階にいるぼくらには、受賞に至る道こそ大事なわけで。 と、こばちは生ぬるく毒づきました。でもね、
この現実をもし、自分のこととして捉えるならば、そこには作家志望者が作家になるための大切なことが隠されていたと、今は思います。(続きは次の記事で)

あなたは何のために書きますか。
誰の為に書きますか。
どんな書き手になりたいですか。
誰に読んで欲しいですか。
そのために何ができますか。
それとも、そんなことを考えたことすらなかったでしょうか。

ごく短い期間になるかと思いますが、ここでまた、熱く言葉を交わせたら嬉しいです。
プロフィール

monokaki

Author:monokaki
管理人は複数います。作家志望同士でお互い創作談義をしたり、下読みしあうような仲間が集まっています。もっと仲間を増やして、客観性を養いたいと思っています。

2017年12月18日より、しばらくの間開設します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: