スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖さを知って書けなくなる ー我々が仲間を求める理由ー

ゆうひ

こばち最後の担当記事です。

ネット上には、作家志望者が集うコミュニティサイトがいくつかあります。
そこではたくさんの仲間たちが、同じように苦しみながら作品を発表したりしています。
たいていの場合、のびのびと楽しそうなのが書き始めたばかりの人で、発表のサイクルも短いです。
作品に感想を貰えること、物書き仲間との交流や、一番は『反応がある』ことが嬉しいのです。

ところが、もう少し進んで作品を読む目が養われてくると、他作品と自作品の差に悩むようになっていきます。
書くことに躊躇いが生まれます。
自分はどうして、こんなふうに書くことができないんだろう。上手い人と自分は、いったいどこが違うのだろう。
たまには厳しいことも言われます。夢は突然砕かれて、現実が目の前に突きつけられる。^^;
そうしてやがて知らなきゃならない。自分にはなにひとつ足りていなかったことを。

書き始めてしばらくすると、誰もがそういう状態を経験するのではないでしょうか。
自分の『本当』と向き合うステージですよね。
その頃こばちがある人にもらった言葉。あまりに衝撃で、今も鮮明に覚えています。
『あなたの書くものにはなにもない』
意味が理解できるまでに結構な時間がかかったけれど、書き続けて八年ほどになる今は、それも大した時間じゃなかったのかもしれないと思ったり^^;
そうして今は、この言葉を大切に思っています。

当時のこばちは、書くことの何も見ていなかった。美しい(と思える)文章。心に響く(と思われる)設定。雰囲気や、飾り、そうした上辺ばっかりを見て、書けた気持ちになっていました。
結果として私が書いた文章は、借り物をつなぎ合わせただけの張りぼてだったんだと思います。

なぜ、それを書くのか。なぜ、書かずにいられないのか。
そういう何かを書くのではなく、ただ書くことに価値を見いだそうとしていた。
恥ずかしいですが、こばちだけ?? 笑


書くという行為は孤独です。
私たちは自分自身と向き合って、いいところも悪いところも、どう思われても、なんであっても、書くべき事を書き、伝えることを伝えるために奮闘する。

小説は書き手と読み手で作る世界です。
書き手がどんなに苦労しても、どんな状況でそれを書いても、読み手には関係ない。
伝わったすべてが結果になる。

つまり、私たちは、主観と客観でそれを書くということですね。
推敲中ブログが本気の書き仲間を求めているのは、実はそういう理由からです。
書くことから逃げられず、読むことに魅入られて、素晴らしい作品に胸を焦がし、できるならいつか、そういう作品を生み出す側にまわりたいと考える。真剣にそう思うからこそ、仲間(客観)は大切です。

上手下手は関係ない(悩んで書き続ければ必ず上手くなっていくから。^^)情熱と勇気が大切です。
なので、あなたが書くことに真摯であるなら、えいや!と、声を聞かせて下さい。
我々はそれを待っています。


高い壁を想定し、その二倍の高さを飛び越えろ!

伊勢湾


こばち記事の2回目です。

前回の記事では地獄の作家生活について触れました。
では、地獄もなにも作家未満の自分たちは、いったいどうしたらそのステージに立てるのでしょう。
今日は、書き続けた先にぼんやりとステージが見え始めた人のお話です。

書いていくうち、自分は一体どのレベルにいるのか、作家になれる資質があるのか、勝負できるものが書けているか、それを知りたくなってきますよね。
『いやいや。趣味で書いているだけだし。まだまだ自分なんか……』
あなたはそう思っていますか? 
でも、その先で、やっぱりそれが知りたくなるのではないですか? 
自分の評価。プロになる才能があるかどうかを。
そして公募に挑んでみる。

少なくとも、こばちの場合はそうでした。
初めての公募。誤字脱字をチェックして、応募規定をチェックして、ドキドキしながら原稿を送る。『新たなる才能の発見』『新進気鋭の作家現る』こんなふうに誰かに認められ、受賞したらどうしよう。どうしよう、どうしよう……
と、いうような心配が現実になることはありませんでしたけど。笑
結果として手応えすら感じることなく、きちんと送れていたのかと心配になるほど静寂のうちに挑戦は終わる。(こばちだけですか? そうじゃないよね、たぶん)

一次選考も通過しなかったということは、いったいどこに原因があるのだろう。何が不味いのか。どうしたらいいのか。
ここに至った書き手はおそらく、そこから本気で学びはじめる。もしくは調べはじめる。読み、書き、反応を確かめ、足りていない部分を探し、反映させる。そのうちに、少しずつ成果が出て来ます。
選考通過者の中に初めて自分の名前を発見したとき。躍り上がるくらい嬉しいでしょう。次の段階も通過したとき、自分を少し褒めるでしょう。

けれど、その先に本当の苦しみが待っています。
二次通過をした文学賞にまた送り、その結果が前回以下であったと知る恐怖。最終選考に名を連ね、次回もそこに名前があってしかるべきと、いつの間にか信じていたことの恐ろしさ。受賞の足音を聞きながら、それが目前を通過していくときの絶望感。
多くの場合、受賞者は階段を一歩ずつ上がってゆき、最終選考通過者という踊り場の先に、見上げるほどの壁があったことを知る。その壁を楽々と(と、傍目には思える)越えて行く者と、そうではない者、その差は一体なんでしょう。

賞との相性? それとも選考委員との? 体調? 運? タイミング?

気が付きましたか? 
上記の理由はすべて、作者にはどうしようもないってことに。^^
では、そんな理由で夢を諦める? そうはいかないよね。絶対に。
ある日あるとき、こばちは、『どうすれば受賞できますか?』と、訊ねてみました。
答えはこうです。『フルスイング』

今、こばちにはその理由がよくわかる。
もしもあなたが受賞一歩手前で伸び悩んでいるのなら、持てる力(だけ)で勝負するのをやめなさい。
あの時、自分はそういわれたのだと思います。

持てない力をこそ身につけて、二倍の難しさの作品を書く。(ここでいう『難しい』は作品の内容ではありません。自分にとって難しいということです)
不得手で避けていた表現。時間がとれずにおざなりにしていた調べ物。手に負えないだろうと避けていたテーマ。キャラクター。設定。その他……ヘトヘトになるまですべてをぶち込み、もうこれ以上のものは書けないと思う。そんな作品に挑みなさいと。

そんな作品を書いてしまったら、結果がもっと怖いですか?
大丈夫。もしもそこまでやり遂げられたら、『ここまでやってダメなら仕方がない』と、清々しい気持ちになるはずだから。そして努力は次へつながるでしょう。

ここで冒頭に戻りますが、作家の仕事とはつまり、そういうものだということですね。公募突破に全霊を費やしたとしても、次に挑むのはその上の壁。しかも、必ず越えなければならないのです。毎回。毎回。
私たちが新刊を手にするとき、その奥にいるのは同じ人間です。同じように悩み、同じように苦しんで、同じようにコツコツと書いている、作家という人。時間に追われ、孤独と戦い、背中に大きな責任さえ背負って。

いつかそこへ行くつもりなら、なぜ今、進み続けることに疲弊するのか。書けないことに甘んじるのか。そんな時間を自分に許すのか。こばちはそうやって自分を鼓舞しています。




その先にあるもの

地平線

ごぶさたしております。管理人のひとり、こばちです。
推敲中ブログを閉じて1年半。作家志望者のみなさんはどんな成果をあげましたか?

初めて作品に了を打った。
初めて公募に出してみた。
一次選考を通過した。(もしくはその上を)
再び書き始めた。

それとも少し後退し、
倦み疲れて書けなくなった。
自分の能力に疑問が湧いた。
もう、書くのが厭になっちゃった。

どれもこれも、こばちには経験のあることばかり。
書き続け、様々に学び、ある日ふと、書くことに悩みが生じる。今までは書くことが楽しくて仕方がなかったのに、どう書けばいいのかわからなくなる。悩んでもがいて出口も見えず、それでもある日気が付くと、いつの間にかそこを脱している。目の前にあるのは新しい道で、終着点はさらさら見えない。^^;;

受賞者の話です。
胸ドキで望んだ受賞の席で、壇上のある人がこう言いました。『新人作家のみなさん、地獄の作家生活へようこそ』
会場の作家たちから拍手がわきます。彼らはその言葉が本当であることを知っているのです。
見上げる想いで挑んだ受賞。でも、それはただの始まりでした。本当の勝負はそこからだったのです。

えええー!!! つか、マジか!^^:
てゆーか、先ずは受賞でしょうが。そこが始まりにしてもだね、その前段階にいるぼくらには、受賞に至る道こそ大事なわけで。 と、こばちは生ぬるく毒づきました。でもね、
この現実をもし、自分のこととして捉えるならば、そこには作家志望者が作家になるための大切なことが隠されていたと、今は思います。(続きは次の記事で)

あなたは何のために書きますか。
誰の為に書きますか。
どんな書き手になりたいですか。
誰に読んで欲しいですか。
そのために何ができますか。
それとも、そんなことを考えたことすらなかったでしょうか。

ごく短い期間になるかと思いますが、ここでまた、熱く言葉を交わせたら嬉しいです。

ただ、いま。 ~~推敲中ブログ期間限定復活のお知らせ~~

みなさま、ご無沙汰しておりますがお元気ですか。
いろんな決意を胸に、いったん幕をおろしたこの『ただいま推敲中』ブログ。
思うところあって、今日からまた期間限定にてしばし臨時開店いたします^^

秋だし、何かをやらなくちゃ。
それならば秋のたしなみにひとつ、ご執筆などいかがでしょうか。

はたまた作家志望のみなさまと活発な創作談義などもいたせたら物凄く喜ばしい!
とも考えております。

なーんて優等生的コメントを書いてみましたけれど
勿論、それも本当の気持ちなのですけれど、でも、もうひとつの本音は、ね。

書くって辛くて苦しくて、ひとりきりだと息切れしちゃう。
この辛さを分かち合いたい、どこかの誰かと!
何かを書いたら書いたで読んでもらいたい、感想がほしい。
……うん、邪念まみれで、ごめんなさい。

そういえばもうすぐハロウィーン、
月のトンネルをくぐってこわいいオバケが街にやってきます。
おんなじタイミングでかえってくるあたり、なんだか怪しげで推敲中らしい。なんて
自画自賛しております^^

寄せては引く波のようなおぼろなブログではありますが
営業中は全力で臨みますので
どうかみなさまよろしくおつきあいのほど、お願い申し上げます。

感想干潟にあえぐゆうひ、まずは執筆投稿サイトさまに勇気をふりしぼって自作を投稿してみようかと
考えております。
そちらも合わせてどうぞよろしくお願いいたします、図々しくてすみません、てへ!

                                                           ゆうひ。

管理人一同よりみなさまへ





小説を書く人たちと語り合いたいという目的で、複数の管理人が2012年より運営してきた当ブログですが、その先へ進むために、2015年七月末を持ちまして休止させていただくことになりました。

当ブログを訪れて下さった皆様、応援いただいた方々、そして言葉を交わした仲間たち。
ながきにわたるご愛顧、誠にありがとうございました。

ただいま推敲中はまたいつか、ネット世界の狭間に蜃気楼のごとく出現するかもしれません。その時は、ここに集った何人もがプロになっていたら嬉しいです。



********  管理人よりみなさまへ ***********

【ありがとうございました】

サナギです!

開設当初から管理人をやらせていただいておりましたが、正直こんなにも長く続けられるとは思っておりませんでした。それはひとえに他の管理人たちを含めた参加者全員のご協力と情熱があってこそだと思います。
ここに参加して、みなさまの生の声をいただいたり、鍛錬作を読ませていただいたりと、とても充実していたと思います。
本当にありがとうございました。

また、いつかどこかでお会いいたしましょう^^

ーーサナギーー

**********

きりぼしです。

ここでお世話になって数年、ここからいろいろなことが始まったような気がします。
そして、唯一、管理人を務めさせていただいた「音楽のある風景」今ではよい思い出です^^。

きりぼしは、10月の公募の挑戦を年初に表明していたのですが、年半ばになっても書けませんでした。それが、今朝方ふとインピスレーションを得て、一気に大まかな構想と、10枚ほどの冒頭を書きました。
まだまだ先は長いですけど、千里の道も一歩より。もとより力試しと割り切っての参戦です。

一次突破、二次突破はまだまだ先、入選なんて遥か遼遠です。
でも皆さまと、ここで分かち合ったマインドを胸に一歩一歩頑張っていくつもりです。
皆さんとともに^^。きりぼしは、皆さんの名前が書店の本棚に並ぶことを心待ちにしております。

ありがとうございましたm(__)m

ーーきりぼしだいこんーー

**********

ここをはじめた三年前、私は受賞という高みを見上げる挑戦者のひとりでした。
仲間に恵まれ、チャンスにも恵まれ、別の意味での挑戦者となって十ヶ月。
表現することの道には終わりがありません。今はさらなる断崖絶壁を見上げています。
独り孤独に挑むはずだったその道を、こんなにも多くの仲間たちが進んでいることを知った数年前から、私のそばにはいつも援軍がいます。
私自身も誰かの援軍になりたくて、このブログに参加させてもらったわけなんですが、結果としてみなさまに助けられ、教えられ、さらにたくさんのものをいただいちゃった気がしています。 ^^
このご恩は、書くことが好きでやめられない仲間たちに返そうと思います。
あなたもその一人です。
そのためには、いつかまたお会するとき、今よりは前に進んでいたいと思います。
ありがとうございました。そして、負けるな! 私も負けません。

ーーこばちーー

************

曇り空であろうと、空は果てにつながっているのだな。
人は日常の中で、知り合った人達だけの関係性で生じる
円(縁)の中で、それが自分の居場所だと心得て、そこに執着して、
そこが世界の真実だと思いがちがけど、実はそうでもない。
その円(縁)の外側には、その円が広がってくるのを待っている未知なる人々がいるし。
今ある円が限界だと思っちゃいけない。
円(縁)は広がってゆくものだから。
推敲中で知り合った仲間は、この二年一〇ケ月の間に
そんなことを強く感じさせてくれました。
閉鎖的な世界に発展はない。
ブログは一時休止です。しかしそれは永遠に休止ではありません。
波を寄せきりました。これからしばらくは引き潮です。
また月が満月になる頃、お会いしましょう。
ありがとうございました。

♡♡♡ 畑 ♡♡♡

*********************************

三年前、たまたまの偶然(と思っているけど必然だったかのかな(・∀・)で、こちらとご縁を紡ぐに至りました。
ラッキーでした。
すごい先輩たちだらけ、それこそ見上げるばかりの(*^^*)
そこでさまざまな鍛錬と出会いたくさんのことを学び、発信する側としての経験も与えていただけました。
心温かい皆さま方にたくさん助けていただき、ここでの活動は全部、すごく楽しかったです、本当に。
でも。
何かがはじまったということは、必ずいつかは終わるということ。でもあって・・・。
それはどうしようもないきまりごとみたい、この世界においての。
推敲中も新たなステージに向けていったん幕引きです。
それはとてもさみしいけど、必要なことならば受け止めて前に進みたいです。

管理人のみなさま、ブログをご覧くださったみなさま、コメントで交流させていただけたみなさま。
こちらで出会ったすべてのみなさまに感謝しています。
いままで本当にどうもありがとうございました。
少しの間、サヨナラです。
セーラー服で機関銃乱射するJKがゆってたよ。
さよならは別れの言葉じゃなくて、再び逢うまでの遠い約束。なんだって(´艸`*)
だからまたいつか、それまでみんな元気で、ね。

ーーゆうひーー

************

しょうもないことで妻を泣かしたことはあるけれども、小説で読み手を泣かしたことはいまだかつてない。
発想はいいんじゃないと言われたこともあるけど、その物語を書くだけの筆力はなかった。
その他にも欠点だらけですが、何とか克服して次のステージに行きたい。
さよならは一つの卒業、新たなはじまりの言葉。負けずに頑張ります^^
 
そして苦しいときに、ここを思い出してください。
下手くそだったけど、頑張っている奴がいたなと。
ありがとうございました。
いつかまたどこかで会えることを楽しみにしています。

・・・・・・・・・りょう・・・・・・・・・

まほるです!

私にとって忘れもしない初めてのお題は、あの『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウ船長が、海賊船のロープに手を掛け、物憂く遠くを見ている姿を描写してください、というものでした。
文章を見ず知らずの方に読んでもらって、感想を頂くということが初めてだったので、それはもう、数時間おきにコメントをチェックせずにはいられないほどでした。緊張と、興奮と、恥ずかしさと、心細さと、いろんな気持ちがない交ぜになって……。
それが、はじまりの、はじまりでした。

あれからどのくらい遠くまでこれたかな?
文章的なことはさほどの進化があるようにも思えないけど、へんな度胸と意地と厚かましさはパワーアップしたような気がします。(あれ、これってオバハンへの進化じゃ!?)
まだまだ進化を目指して歩いていきますよ~^^
あなたは独りじゃなく、同じように野を越え山を越え、「あちら」を目指して歩いている仲間たちがいることを思い出してください。
私は仲間から掛けてもらえる「一緒に頑張りましょう」という言葉が好きです。
だから最後にも、この言葉を大きな声で贈ります。

目指す場所に辿りつけるよう、一緒に頑張りましょう!!

Ciao♡

ーーまほるーー
プロフィール

monokaki

Author:monokaki
管理人は複数います。作家志望同士でお互い創作談義をしたり、下読みしあうような仲間が集まっています。もっと仲間を増やして、客観性を養いたいと思っています。

2017年2月13日をもってブログをお休みします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。